【速報】通り魔事件画像!横浜市南区の南警察署の真裏で配達員ら2人が切り付けられる

横浜市の路上で配達員の男性など2人が突然、刃物で切りつけられました。犯人は逃走中です!

いったいどんな犯人なのか?犯人の特徴は?周辺住民は不安な夜をむかえています。

まずは報道内容から見ていきましょう。

スポンサーリンク

報道内容・犯人の特徴は?

  横浜市の路上で配達員の男性など2人が突然、刃物で切りつけられました。

犯人は逃走中です。現場からの報告です。

 「事件は横浜市南区にある南警察署の真裏の路上で起きました。先ほどまで、こちらで鑑識活動が行われていて、現在も規制線が張られています」(記者)

 9日午後7時半ごろ、横浜市南区の路上で配達員の45歳の男性が男に刃物で右脇腹を切りつけられました。男性は病院に運ばれましたが、軽傷です。

 また、この事件のおよそ5分後、すぐ近くの路上で、別の49歳の男性が男に左腕を切られ軽傷を負いました。

 「部屋にいたら奇声が聞こえた。『アー』という感じ、普通の人が叫んでいる声ではない」(近所の女性)

 被害にあった2人の男性は、いずれも「知らない男に切られた」と話しているということです。

逃げた男は20代から40代くらいで、身長は170センチほど、短髪だったということです。警察は連続傷害事件として逃げた男の行方を追っています。

出典;JNN

犯人は現在も逃走中との事です。周辺住民は相当怖い思いをしていると思われますよね。

一刻も早く犯人を見つけて欲しいです。

犯人の顔画像は?特徴は?

現時点では犯人の顔画像はまだメディアで公表されていないようです。

報道によると、逃げた男は20代から40代くらいで、身長は170センチほど、短髪と報じられていて、警察は連続傷害事件として犯人の行方を追っているとなってます。

もし防犯カメラ映像など今後新しい情報が入り次第、写真の差し替え等更新していきたいと思います。

こんな事件を起こした犯人には厳罰をのぞみたいところですよね。

連続傷害事件となると、どんな刑罰になるのでしょう?

スポンサーリンク

連続傷害事件の量刑は?

連続傷害事件といっても1件ごとに傷害罪として処罰されることになり、傷害罪の刑罰は、15年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

まだ捕まっていませんが、今回の犯人の場合はどうなるのでしょうかね。

犯行動機は?

報道によると、 被害にあった2人の男性は、いずれも「知らない男に切られた」と話しているとなっております。

という事は怨恨ではないのかも知れませんね。無差別通り魔事件と言えるのでしょうか。

社会に対して何か不満でもあったのか、犯人が何に対しての思いが犯行に突き動かされたされたのか、今後もまだ続くのか、非常に怖いです。

現時点では犯人は逃走中で明確な犯行動機といえる事は分かっていないので、

今後新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

第1事件現場の特定!

出典;JNN

報道によると、横浜市南区の路上となっていますが、南警察署の真裏という事です。

Googleマップストリートビューで確認できました!

 

 

スポンサーリンク

第2事件現場は?

出典;JNN

報道によると、第1事件現場のすぐ近くの路上となっています。

こちらもGoogleマップストリートビューで確認できました!

 

 

2つの現場は本当に近いですね。徒歩だと約1分ぐらいでしょうか。

 

スポンサーリンク

ネットの反応は

見つけ次第で射殺した方がいいな

最近、日本が病んでいる

最近、可哀想な人が増えてますね

・まあ、普通の人ではないでしょうね。

・どう見ても配達員と別の人に接点みたいのが見つからん。。。 普通じゃない人が叫んでるてのは犯人やと思うけど・・・ そんなおかしなのが刃物持って逃走してるとか怖すぎて周辺の人は当分家から出れんやん・・・

・神奈川県警じゃ、逃げられるわな。

・また「誰でも良かった」が理由の無職野郎の犯行だろうね。

・こわいな、、早く捕まえないとまたやりそうだなこいつ

出典;JNN

本当にまだ近くにいそうで怖い!早く見つけて!という声もあります。

当サイトでも話題の無差別通り魔関連の事件を取り上げています!

話題の無差別通り魔関連の事件!

意図していた訳ではないのですが、神奈川県ばかりです。

別所守容疑者の顔画像・SNS・犯行動機は?催涙スプレー吹きかける!横須賀市

岩崎隆一容疑者の顔画像・SNSは?川崎市無差別通り魔事件!栗林華子さん・小山智史さん死亡

スポンサーリンク

まとめ

とにかく一刻も早く捕まえて欲しいですよね。周辺住民は心配で眠れないですよ。

新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする