大山洋司容疑者の顔画像・SNS・勤務先は?観光バスが馬場知子さんをはねて死亡!

鹿児島市の中心街、天文館の横断歩道を渡っていた女性をはねたとして、観光バスの運転手が現行犯逮捕された。

女性は病院で死亡。いったいどんな事故だったのか?バス運転手はどんな人物なのか?

まずは報道内容から見ていきましょう。

スポンサーリンク

報道内容

出典;KKB鹿児島放送

 鹿児島市の中心街、天文館の横断歩道を渡っていた女性をはねたとして、鹿児島県警は14日、観光バスの運転手、大山洋司容疑者(59)=同市皇徳寺台4丁目=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、発表した。

 鹿児島中央署によると、大山容疑者は同日午後5時25分ごろ、同市中町の交差点で、横断歩道を歩いて横断中だったアルバイト馬場知子さん(42)=同市明和3丁目=をはねた疑い

馬場さんは病院に搬送されたがまもなく死亡した。バスは回送中だったという

引用;朝日新聞デジタル

スポンサーリンク

大山洋司容疑者の顔画像は?

現時点では大山容疑者の顔画像はメディアで公表されていないようです。

今後新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

被害者の馬場知子さんは?

報道によると、馬場知子さん(42)は病院に搬送先されましたが、まもなく死亡したという事です。本当に残念でなりません。

スポンサーリンク

大山洋司容疑者のプロフィール

名前大山 洋司
年齢59歳
住所鹿児島市皇徳寺台4丁目
職業観光バス運転手
逮捕容疑過失運転死傷

過失運転致傷となるとどのような刑罰になるのでしょうか。

過失運転致死傷の量刑は?

過失運転致死傷の刑罰は、7年以下の懲役・禁錮または100万円以下の罰金です。

大山容疑者の場合はどうなるのでしょうかね。

スポンサーリンク

大山洋司容疑者の勤務先は?

出典;KKB鹿児島放送

報道によると、南国交通観光のバスという事です。

南国交通観光では今回の事故の対応に追われているのではないでしょうかね。

大山洋司容疑者のfacebook・twitterは?

facebookのアカウントを検索したところ、同姓同名が複数検出されましたが、いずれも情報が乏しく、本人特定には至りませんでした。

facebookの検索結果が気になる方はこちら

twitterのアカウントを検索したところ、同姓同名が2人検出されましたが、いずれも情報が乏しく、本人特定には至りませんでした。

twitterの検索結果が気になる方はこちら

スポンサーリンク

事故の原因は?

出典;KKB鹿児島放送

報道内によると、バスは当時回送中だったとなっていますが、現時点では明確な事故の原因は発表されていません。

目撃者の話によると、歩行者側の信号は青だったという話で、大山容疑者の運転するバスは歩行者に十分注意すべきだったと言えそうですね。

また、バスが人を巻き込んだ状態で、いったんバスは停止したが、そのままゆっくり動き続けたという話もあるようです。

バス会社での今朝の体調チェック・アルコールチェックでは、ドライバーに異常はなかったという話も出ています。

今後新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

事件現場の特定!

出典;KKB鹿児島放送

報道によると、鹿児島市内の中心街、天文館の横断歩道が事件現場となっています。

Googleマップストリートビューで確認できました!

 

 

スポンサーリンク

ネットの反応は

・亡くなった方にご冥福をお祈りいたします。 コメントの方に異議ありだから 初コメント。 雨とか降ってたらミラーが見えない時がある 免許持ってる人や 知人、知識がある人が歩行の立場の時、運転者の気持ちを意識してくれたらかなり!事故率減ると思う。 自分は運転者の目と目が合ったら渡るようにしてます。 歩行者信号が青 歩行者が、優先。 分かるけど! 互いに配慮が必要なとことだと。思う。

普段から歩行者が多いので、ドライバーは気をつけるので天文館付近は事故が少ない方だと思いますが、死亡事故が起きたのは本当に残念ですね。

大型バスっていうのは、左折するときにどうしても運転席から見えない死角があるんだよ。 歩行者用の信号が青だからと言って、その角度から走って行けば、運転手にも気づかれないから、内輪差に巻き込まれてしまう。 バスも横断歩道の手前で一時停止すればいいのだけど、止まらないバスも多いし。

引用;KKB鹿児島放送

大型バスの左折時の死角等の細かいコメントも見られますね。

最近話題のバス事故関連の事件を当サイトでも取り上げています!

最近話題のバス事故関連の事件!

大野二巳雄容疑者の顔画像あり!被害者の柳井梨緒さん・那須勇成さんの顔画像は?神戸市バスに異常は?運転手の健康状態は?

スポンサーリンク

まとめ

今回の観光バス運転手が59歳で、最近多い高齢者ドライバーの事故とは切り離せしてよいのかと思います。

しかし事故現場の様子から、相当人が多い交差点のようなので、運転者は注意してもし過ぎる事はないといった感じを受けました。

大型バスにどうしても死角が有るのだとしても、そこは絶対注意して事故を起こさない運転をすべきだったのではないかと思いますよね。

亡くなられた馬場知子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする