渡邉達郎容疑者、放課後児童クラブに侵入し女性殴り逮捕!顔画像・SNS・犯行動機は?

放課後児童クラブへ突然侵入してきて、女性職員を殴るなどの暴行をした男が逮捕されました。

事件当時には施設内にまだ多く児童がいる状態、女性職員は頭を数回殴られたようですが、

いったい何があったのでしょうか。まずは報道内容から見ていきましょう。

スポンサーリンク

報道内容

放課後児童クラブに侵入し、職員に暴行した疑いで、警察は近くに住む男を逮捕しました。
22日午後3時10分頃、射水市太閤山のコミュニティセンター内にある放課後児童クラブ、「太閤山学級」の職員から「不審者が入ってきていきなり殴ってきた」と警察に通報がありました。
施設の関係者によりますと、男は「子どもがうるさい」と言って女性職員を数回殴り、職員は頭を打撲するけがをしました。
警察は暴行の疑いで近くに住む自称無職、渡邉達郎容疑者を逮捕しました。
渡邉容疑者は容疑を認めているということです。
事件当時、施設内には43人の児童がいましたが、児童にけがはありませんでした。

出典;富山テレビ

突然不審者が侵入してきて殴りかかってくるとは、想像するとかなり恐ろしい光景でしょうね。女性職員は子供たちの盾になったのでしょうかね。

渡邉達郎容疑者の顔画像

現時点では渡邉達郎容疑者の顔画像はメディアで公表されていないようです。

新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

渡邉達郎容疑者のプロフィール

名前渡邉 達郎(わたなべ たつろう)
年齢34歳
住所射水市太閤山
職業自称無職
逮捕容疑暴行

無職で自宅に引きこもっていたのでしょうか。近所から子供の声がして…。

報道内容から想像すれば、精神的に病んでいる可能性は考えられますよね。

渡邉達郎容疑者のfacebook・twitterは?

facebookのアカウントを検索したところ、同姓同名が複数検出されましたが、いずれも情報が乏しく、本人を特定には至りませんでした。

facebookの検索結果が気になる方はこちら

twitterのアカウントを検索したところ、同姓同名が複数検出されましたが、いずれも情報が乏しく、本人を特定には至りませんでした。

twitterの検索結果が気になる方はこちら

スポンサーリンク

犯行動機は?

報道によると、渡邉達郎容疑者は容疑を認めており、「子供がうるさい」と言って女性職員を殴っていたとの事で、はっきりと動機と言える供述ではありません。

おそらく子供の声でイライラして、衝動的に犯行に走ってしまったのではないかと考えられます。

暴行事件の量刑は?

暴行罪の量刑は、2年以下の懲役か、30万円以下の罰金となっています。

渡邉達郎容疑者の場合はどうなるのでしょうか。

事件現場は?

出典;富山テレビ

富山県射水市太閤山にある太閤山コミュニティセンター内にある放課後児童クラブとの事です。

ネットの反応は

・43人の子供にケガが無くて良かった。職員は恐怖もあっただろうが、よく守ってくれたと思う

・正直、昔の方がうるさかったのでは?
実家の裏が公園で、よく野球ボールとかサッカーボールが転がってきましたね
無断で敷地内に入ってきたり、外に置いてあったボールを取られたりしました。
学童も、好き放題遊ばせるわけじゃありません
宿題をやる時間、外遊びの時間、おやつの時間
17時からは、テレビの時間になってます。
すぐに苦情を言う人は、自分たちの子供時代を思い出してほしいですね。
外で遊べばうるさい!と言われ、室内でゲームやYouTubeを見れば、最近の子供は外で遊ばない!って
言われるんだからね。
子供も、大変です。

・暴力団の事務所が近くにあってうるさかったとしてこの人は殴り込み行けたのでしょうか?
ある意味この人の考え方は虐待心理と同じだ。

・無職の中年ね・・・
別のニュースで「自転車修理中の中学生に「ガスメーターいじってるだろ」突然激高し投げ飛ばす…44歳男逮捕 北海道(北海道ニュースUHB)」てのがあったけど、未来ある子供を見てると、先のない自分と比較して嫉妬でもするのかねぇ。。。
いずれにしても、ゲスの所業だな。

・メンタル的な病気をもってるのかな音に敏感てことは?仕事をしたくても働けないのやったらイライラもするやろけど、その矛先を自分より弱い者に向けるのは卑怯やね

引用;富山テレビ

渡邉達郎容疑者は放課後児童クラブだから押し入ったのかも知れませんよね。ネットの書き込みにあるような暴力団事務所だとか、血の気の多いようなヤンキー集団だとかだったら行かないでしょうね。(普通の人でも行けませんが)

スポンサーリンク

まとめ

こうした事件は容疑者が無職の場合が多くあるように思えます。

精神的に不安定な状態が続いて、ちょっとした事がきっかけで大きな事件に発展してしまったという報道をいくつも見てきました。

こうした不安定な状態の人を助ける、地域の仕組みを考える事も、犯罪件数を抑制する事につながるのかと思いますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする