六本木で26時間の子猫救出劇!ららちゃん可愛いと話題!twitterでSOS高所作業車出動

夜の東京・六本木で、大規模な救出劇が行われた。 パトカーや消防車が駆け付けた。 その緊迫の現場で見つかったのは、生後2カ月ほどとみられる子猫。

いったいどんな状況なのか、子猫の画像は?助けた女性とは?SNSも調査してみました!

まずは報道内容から見ていきましょう。

スポンサーリンク

報道内容

 外国人観光客に人気のスポット、東京・六本木。 その六本木で、小さな命をめぐって、大規模な救出劇が行われた。

パトカーや消防車が駆け付けた、夜の東京・六本木。 事故か、それとも事件か。

その緊迫の現場で見つかったのは、生後2カ月ほどとみられる子猫。 カメラは、その救出劇の一部始終をとらえていた。

鳴き声が聞こえてきたのは、東京・六本木。 そこは、高さ10メートルほどある、首都高の高架部分で行われている工事現場だった

どうやら、下りるに下りられなくなってしまったよう。

そこで、動画を撮影した柴田由美子さんは、まず、SNSでSOSを発信

そして、10月26日午後10時ごろ、119番通報。 10分後、警察と消防が駆けつけたが、救助するには、工事関係者の立ち合いが必要ということで、出直すことに。 この日は断念

子猫は無事なのか?

翌日、柴田さんが現場に戻り、1人で捜していると…。

柴田さん「あるお兄さんが通りかかって、『ネコ ネコ ネコでしょ』、『ツイート見たよ』っておっしゃったんですよ」 救出を呼びかけたSNSを見たという男性も駆けつけ、再び消防に子猫の救助を要請した。

現場には、警察や消防のほか、工事関係者も駆けつけ、協力

救出作戦の切り札、高所作業車も投入された。 そして10分後。

発見からおよそ26時間、ついに子猫は無事救出された

無事を願う多くの人の協力で救い出された子猫は「らら」と名づけられ、現在は柴田さんが保護。

このまま引き取り手が見つからなければ、ららを新たな家族として迎えるつもりだという。

出典;FNN

子猫の「ららちゃん」助かってよかったですね!とっても可愛い子猫です!

スポンサーリンク

子猫の「ららちゃん」の画像(救出前)

出典;FNN

救出前間、高速道路の高架のコンクリート柱の上にいる「ららちゃん」です。

どうやって上ったのか、降りられない様子で可哀そうですね。

そして救出後は…

スポンサーリンク

子猫の「ららちゃん」の画像(救出後)

出典;FNN

無事に救出された子猫の「ららちゃん」無邪気で可愛いですね!

工事現場の入り口の隙間からスルスル入って帰り方が分からなくなっちゃったんでしょうかね。

「ららちゃん」救出に協力した柴田由美子さん

出典;FNN

なんとなく「猫が好き」な人なのかな?っという印象ですね。

でも柴田さんのSNSに投稿や、119番通報で「ららちゃん」は無事に助かりました!

スポンサーリンク

実際に投稿された「SOS」のSNS

出典;FNN

 

このツイート、柴田さんの子猫を助けたい気持ちが伝わってきました!

スポンサーリンク

事件現場の特定!

出典;FNN

柴田さんのツイートでも地図が載っています!

出典;twitter

柴田さんの手書きの「子猫」の文字に、緊迫感が出ているように思えますね。

スポンサーリンク

その場所をGoogleマップストリートビューで確認できました!

 

 

スポンサーリンク

ネットの反応は

たかが、猫一匹に、って思う人もいるかも知れない。でも、救える命を見殺しにしても平気な人間にはなりたくない。 救助に携わった人達、保護してくれている女性、本当にありがとうございます。 幸せになって欲しいです。

・逃げ回らないであっさり捕獲できて良かったです。人馴れしてそうなので捨て猫でしょうか?警察や消防、工事の人の協力ありがとうございます!!

皆さんのお陰で子ネコちゃん無事に保護できて良かったです。 本当にこういうお話嬉しく思います。協力して下さった方々ありがとうございました。 子ネコちゃん幸せになってね。

・六本木で子猫 無事でよかった! 優しさ感じる救出でした ありがとうございます

26時間も救助活動に関わってくださった方々に心から感謝いたします。日本一ラッキーな子猫かもしれないですね。後日談もぜひよろしくお願いします

・引き取り手になりたい人は沢山いると思うけど、もう飼っちゃいなよw 無事発見されて、救出されて良かった こういう時はどうすれば警察が動いてくれるかわからなかったけど、119番すればいいのか! もし、こういう場面に出くわしたら迷わず119番しよっと 助かって本当に良かったね

日本の警察、消防署も小さな命を救う為に頑張ってくれている。 凄く嬉しい。有難うございます。

うーん どうなんだろう… 猫救出に出動してる間に事故や火事の通報が 無かったのだろうけど… もし猫救出で出動して火事や事故現場に向かうのが遅れ人命が奪われたら 賛辞は批難に変わるだろう 海外ではよく聞く話だけど パフォーマンスに見えてしまうのは 穿った見方なのかもしれないけど… 命は子猫だろうが象だろうが大事なのはわかるが 豚や鶏、牛は命を奪い食べてるし 簡単に人の命奪う戦争をしている人間達が 片方では猫一匹に大騒ぎって矛盾を感じる 人間って勝手だよな 猫一匹に大騒ぎ出来るのは 平和だからって事なんだろうけど

出典;FNN

ネットでは概ね喜ばれているようですね。否定的な意見もあって当然かもしれませんが、優しい人がいる事が分かったのが嬉しい気持ちになりますね。

スポンサーリンク

まとめ

海外ではこの様なニュースをよく見る気がしますが、日本でもあったのが単純にうれしく思いました。

警察や消防の動員は大げさだったという声も聞こえますが、命の重さはネコも人も変わらないと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする