エリック・クラプトンは新元号を読んでいたの!?「いとしのレイラ(令和)」が物議!

エリック・クラプトンが3年ぶりに4月に来日し、東京・武道館で公演を行う事が話題になっている。

確かにエリック・クラプトンの有名な楽曲で、日本でこのタイミングだとかなり盛り上がりそうなのがありますけど…。

まずは報道内容から見ていきましょう。

スポンサーリンク

報道内容

新元号「令和」が発表された1日、なぜかSNSでは英国のミュージシャン、エリック・クラプトン(74)が話題になっている。代表曲「レイラ」と語感が似ているためだ。

 「新元号発表後、エリック・クラプトンの『Layla』(いとしのレイラ)がずっと頭に回っている人!怒らないから手を挙げてごらんなさい!」

 「クラプトンがトレンドにあがってて、なんで?来日近いから?って思ったら、令和がレイラを彷彿とさせるって…」

「みんなが一斉に「愛しの令和」って言い始めたこのタイミングに来日するクラプトン」

 「レイラ」はクラプトンが米国のミュージシャンらと結成したデレク・アンド・ザ・ドミノスの曲として71年にリリース。盟友だった元ビートルズのジョージ・ハリスンの妻で、後に結婚することになるパティ・ボイドへの思いを歌詞につづったことで知られている。

 日本で新元号が発表された今月、くしくも、クラプトンは約3年ぶりに来日。4月13、15、17、18、20日に東京・日本武道館で計5公演を行う。日本武道館での公演回数は96回を記録し、海外アーティスト1位となる。日本で「令和」を迎える前に披露されるであろう「レイラ」。クラプトンのギターと歌に会場は熱狂しそうだ。

出典;デイリースポーツ

確かにこのタイミングは凄い。

エリック・クラプトン

エリック・クラプトン(Eric Clapton, CBE1945年3月30日)は、イングランド出身のミュージシャン、

シンガーソングライター。「スローハンド」と呼ばれるギターの名手として知られ、ソングライティングも優れた世界的なアーティスト。ジェフ・ベック、ジミー・ペイジと並ぶ世界3大ロック・ギタリストの一人とされている。

引用;Wikipedia

もう、言わずもがなですかね。洋楽好きじゃなくても名前ぐらいは…ですよね。

スポンサーリンク

ネットの反応は

・親日派なのだろうが。。。
無理がありすぎる。。。

・まあ確かに一番最初に浮かんだメロディーはクラプトンの「LAYLA」だったのは白状しておく。

・不倫の歌だぞ

・エレキの令和やって下さい。

レイしかあってないじゃん

こんな無理矢理は永山の一角?

こじつけが過ぎる(笑)

・「和」はそれ一語で「ヤマト」と読むし、万葉読みなら「レイナ」だぞ(*^^*)

・あの部分で「レイワー!」と唱和するヤツ、必ずいそうだな(笑)。でもこっちはR、向こうはLだからね。クラプトン来日、タイミング良すぎ!

・♪令和! ガッミオンマイニー

令和! ベギュダウンネンピー

令和! ダーリンウォンチュイーマウォリ、マ~ン!

引用;デイリースポーツ

スポンサーリンク

まとめ

きっと、たまたまなんでしょうね。エリック・クラプトンさんもビックリしてるのではないかと思います。

でも武道館は否が応でも盛り上がるでしょう!

「令和」の合唱はマストだと思いますね。

エリック・クラプトンさんも、便乗でもいいので「令和」で盛り上げて欲しいですよね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする