マイケルジャクソン今更ですが、凄い楽曲・ダンス!凄い顔の変化!

多分知らない人はいないんじゃない?と思うのが、マイケル・ジャクソン。

でも今の日本は令和の時代、昭和や平成でビッグヒットしたアーティストも知らない人も増えていくものですよね。

そこで今更ながら、マイケルジャクソンを今一度注目して、その素晴らしい楽曲や色々物議をかもしている問題の数々も知ってもらいたいと思います。

スポンサーリンク

マイケルジャクソンのプロフィール

出典;Wikipedia

まずはマイケルジャクソンのプロフィールから。日本ではあんまりミドルネームとか聞かないですよね。別名まで知ってたら通(つう)っぽい感じが出ますよ!

出生名

マイケル・ジョセフ・ジャクソン

Michael Joseph Jackson

別名:ジョー・ジャクソン(Joe Jackson)

生誕1958年8月29日
出身地アメリカ合衆国 インディアナ州ゲーリー
死没2009年6月25日(50歳没)
職業音楽家

引用;Wikipedia

スポンサーリンク

マイケルジャクソンの凄い楽曲・ダンス!

あり得ないほどの曲数がメガヒットしてるので、もはやどれを代表曲としていいのか不可能です!

そしてそれぞれの楽曲には、これぞマイケルジャクソンであると言わしめるダンスですよ!

その一つ一つが、「やっぱりマイケルジャクソンてカッコいい」としか言いようがない!

だからマイケルジャクソンなんですよね。

そこでかなりの無理強いを行い、「一般的に」という視点で、人気ランキングからベスト10を挙げてみたいと思います!(年代も書き添えて)

第1位 ビリー・ジーン(1983)

伝説のアルバム「スリラー」の中にあるこの曲が堂々の1位。やはり切れっ切れのダンスにはマイケルジャクソンてこんなにカッコいい人だったんですか!って今更思い知らされます!

第2位 マイ・イン・ザ・ミラー(1988)

2位にはアルバム「バッド」の中のマイケルジャクソンが世に送ったメッセージともとれるこの曲。個人的には一番好きかも…。失礼しました、つい心の声が。カッコいいですね、それしか言えません。

スポンサーリンク

第3位 スムーズ・クリミナル(1988)

3位は、アルバム「バッド」の中のこれぞマイケルジャクソンというダンスナンバーです。始めから終わりまで体が勝手にビートを刻んでしまうような曲、というかもう芸術作品!

真似はできないんですけど、体は勝手に動きますよね。

第4位 スリラー(1983)

4位はアルバム「スリラー」の中のタイトル曲のスリラー。ダンスもさることながらホラームービーと楽曲がここまでの一体感のある融合を見せるミュージックビデオには当時も衝撃でしたでしょうね。だって今見ても凄いですもん。

第5位 今夜はビート・イット(1983)

5位もアルバム「スリラー」の中の曲、今夜はビート・イット!やはりダンスが凄いんです。

このミュージックビデオにはスリラーとはまた違った映画の様な世界が短い曲の中に凝縮されている感じがして、数分間なのに見え終わった後は満足してしまいます。

気が付いた人もいるかも知れませんが、エレキギターのソロがとてもカッコいいんです!

それもそのはず、ギターにはヴァンヘイレンが参加していたり、色々凄い楽曲です!

あと衣装もカッコいいですよね。赤のレザージャケットって、こんなに似合う人いるんですかね!

スポンサーリンク

第6位 バッド(1987)

6位はアルバム「バッド」の中のタイトル曲のバッド!

もう何度も繰り返していますが、切れ切れダンスがカッコいい!

ミュージックビデオの内容的にはビートイットをリニューアルした様な感じなのですが、この感じが一番マイケルジャクソンの色という気がしますね!

第7位 ブラック・オア・ホワイト(1991)

7位はアルバム「デンジャラス」の中のブラック・オア・ホワイト!マイケルジャクソン人気も絶頂期が終わろとする頃になるのでしょうか。この「デンジャラス」の音楽プロヂューサーはクインシー・ジョーンズではなくテディ・ライリーです。

人種差別問題へのメッセージにも見れるようなミュージックビデオは話題でしたが、そんなのどうでもいいぐらいの相変わらずカッコいいダンスです!

第8位 ヒール・ザ・ワールド(1992)

8位はアルバム「デンジャラス」の中のヒール・ザ・ワールド!

これまでのアップテンポなダンスナンバーではなく、とても癒されるバラードが入ってきましたね。

個人的にはマイケルが映っているミュージックビデオの方が好きなんですけど、いい映像なんですよね。寝る前に見るとその日の嫌な事がちっぽけに思えたりして。

スポンサーリンク

第9位 ロック・ウィズ・ユー(1979)

9位はアルバム「オフ・ザ・ウォール」の中のロック・ウィズ・ユー!

まだあどけなさの残るマイケルの若々しい艶やかな声が魅力のディスコダンスナンバーと言う感じでしょうか。

この頃はまだ切れ切れダンスではない感じですよね。若い頃のマイケルが好きな人の人気曲だと思います。

第10位 ヒューマン・ネイチャー(1983)

10位はアルバム「スリラー」の中のヒューマン・ネイチャー!

スローなバラードなのにちょい見せのダンスがまたカッコいいですよね。

マイケルは「自分は有名だが、夜ふと寂しくなって街にでて誰かと話したくなる」と言った事があったそうです。そんな気持ちも歌に込められているのかも知れませんね。

歌詞にある様な、喧噪の街中で何気なく出会う恋物語っていうのは、超有名人のマイケルには憧れるものなのかも知れません。

スポンサーリンク

マイケルジャクソンの凄い顔の変化!

やはりマイケルジャクソンと言えば、年代ごとに顔が変わってきていますよね。

もうそれは誰が見ても整形したでしょっていう感じなのですが、だんだん怖い感じになってくるんですよね。

では年代ごとに見ていきましょう!

出典;YouTube

1961年のモノクロ写真が時代を感じます。あどけない3歳のマイケル。まだジャクソン5には参加していない頃です。

出典;YouTube

1969年のまだ可愛い少年時代のマイケル。この頃には既にジャクソン5のリードヴォーカルとして活躍しています。

スポンサーリンク

出典;YouTube

17歳の青年になってきたマイケル。アフロもでかいですね。

出典;YouTube

1978年は20歳のマイケル。この頃までの顔は普通に成長している感じですよね。

出典;YouTube

1979年頃から鼻筋が、細くなった気がしませんかね。アルバム「オフ・ザ・ウォール」の時期です。

スポンサーリンク

出典;YouTube

1980年は前年と比べてあまり変化は見られないですかね。それでも5年前と比べると鼻筋は細いですよね。

出典;YouTube

1981年のマイケルですが、更に鼻が細くなってる感じがしますよね。

出典;YouTube

1982年のマイケルは前年とさほど変わりないと思いますね。

スポンサーリンク

出典;YouTube

1983年は空前の大ヒットアルバム「スリラー」が出た年で、また更に鼻が細くなった感じでしょうか。

出典;YouTube

1984年までは整形はしているけど、違和感までは感じませんけど、どんどん鼻が細くなっていってますね。

出典;YouTube

1985年頃から、ちょっと鼻細過ぎじゃね?そしてなんか顔が白くなってる!と驚いてしまいますよね。

スポンサーリンク

出典;YouTube

1986年にはガッツリ鼻に入ってる感じします。でもまだカッコいい。

出典;YouTube

1987年の29歳のマイケル。アルバム「バッド」が出された時期ですが、ん?ちょっと太ったかも。そして何となく妹に似てきているような気がしますが、気のせいでしょうか。

出典;YouTube

1988年30歳のマイケル。ちょっと顔にしわが出るようになってきましたか。

スポンサーリンク

出典;YouTube

1989年のマイケル。ちょっとお腹周りにお肉がついているような気がしますね。顔の方は前年とあまり変化は無いようです。

出典;YouTube

1990年のマイケル。前年より痩せましたね。暗い場所でフラッシュが当たっているせいなのでしょうか。顔がかなり白いです。やっぱりジャネットに寄っている感じもしますね。

出典;YouTube

1991年のマイケル。アルバム「デンジャラス」が出された時期ですが、どんどん顔が白くなってきていますよね。

スポンサーリンク

出典;YouTube

1992年のマイケル。前年とあまり変化していない感じで、まだなんとかカッコいいと思えるんですけどね。

出典;YouTube

1993年のマイケル。ちょっと白過ぎません?表情なのか、かなり疲れたように見えますけどね。

また、この年に尋常性白斑に罹患していることを明かしたり、性的虐待疑惑が浮上しました。

出典;YouTube

1994年のマイケル。5月にエルヴィス・プレスリーの娘リサ・マリー・プレスリーと結婚しています。顔の方は、ちょっと妹を通り越して「おねぇ」っぽくなってきた気がしますよね。大丈夫なんでしょうか。

スポンサーリンク

出典;YouTube

1995年のマイケル。アルバム「ヒストリー」が出された時期ですが、ちょっと怖い感じが出てきました。やはり鼻がとんがり過ぎでクリップで挟んだように潰れている気がします!

出典;YouTube

1996年のマイケル。1月にリサと離婚し、11月にデビー・ローと結婚しています。

顔の方は前年と変化はない気がしますが、ちょっと痩せている気もしますね。

出典;YouTube

1997年のマイケル。もう正直言って怖いです。鼻もかなり潰れてきているように見えますよね。そして病的な白さです。

スポンサーリンク

出典;YouTube

1998年のマイケル。前年に比べるといくらか太ったように見えますけど、やはり怖いし白い!だんだんこの世の物とは思えない感じがしている気がします。

出典;YouTube

1999年のマイケル。前年とあまり変化はなく見えますけど、良くはなっていないですよね。この年にデビ・ローと離婚しています。

スポンサーリンク

出典;YouTube

ちょっと飛んで2008年のマイケル。最後のベストアルバム「キング・オブ・ポップ」が発表されました。1999年の写真と比べると年齢を重ねたせいか、顔に凹凸が出てきてる気がしますよね。これは整形ではなく加齢によるものかも知れませんね。

出典;YouTube

2009年のマイケル。この年の6月25日に自宅で心肺停止状態になり死亡。10月にはドキュメンタリー映画「ディス・イズ・イット」が公開されました。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?名曲ずくしのマイケルジャクソンですが、写真から分かってくるのは顔の変化だけではなく、苦悩の人生も垣間見れた気がしますね。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする