菱沼芳徳容疑者、小1の息子を絞殺!顔画像・SNS・犯行動機は?

小学1年の我が子の首を絞めて殺したとして、男が逮捕されました。

いったい何があったのでしょうか。そして犯行の動機は?

まずは報道内容から見ていきましょう。

スポンサーリンク

報道内容

28日午前、仙台市内のマンションで小学1年生の男の子が死亡しているのが見つかり、警察は、父親を殺人の疑いで逮捕しました。現場からの報告です。

 現場は市営の地下鉄の駅から100メートルほどのところにある住宅街です。この10階建てのビルで事件は起きました。

 28日午前7時半ごろ、仙台市青葉区のマンションに住む男から「自宅に来てくれ」と通報がありました。警察が駆けつけたところ、小学1年生の菱沼慶士君(7)が寝室の布団の上に倒れているのが見つかりました。慶士君は病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。

 「(慶士君は)おとなしそうな、手振るときも人見知りしているような子だった」(近くの駐車場の監視員)

 通報してきた父親の菱沼芳徳容疑者(39)が殺害したことを認めていて、警察は、父親を殺人の疑いで逮捕しました。警察は慶士君の遺体の状況から、菱沼容疑者が首を絞めて殺害したとみています。また、菱沼容疑者の脇腹には刃物で切った傷があり、「自分で切った」と話しているということです。このため、警察は無理心中を図ろうとした可能性があるとみて、詳しい経緯を調べています。

出典;JNN

どんな事情があるにせよ、子供の人生とは何の関係もありません。子供の未来を奪う権利などない。まして父親ならなおさらです。

菱沼芳徳容疑者の顔画像

出典;TBC

自分の子供の首を絞めて殺してしまった男の心境は測りかねます。

菱沼芳徳容疑者のプロフィール

名前菱沼 芳徳(ひしぬま よしのり) 
年齢39歳
住所仙台市青葉区上杉1丁目
職業無職
逮捕容疑殺人容疑

何故殺さなければならなかったのでしょう。自分は生きているのに子供だけ何故死ななければならなかったのでしょう。

スポンサーリンク

菱沼芳徳容疑者のfacebook・twitterは?

facebookのアカウントを検索したところ、「菱沼芳徳」では検出されませんでした。

facebookの検索結果が気になる方はこちら

twitterのアカウントを検索したところ、「菱沼芳徳}では検出されませんでした。

twitterの検索結果が気になる方はこちら

犯行動機は?

報道によると、菱沼容疑者は容疑を認めており、自分の脇腹を自身で切っていたようです。

無理心中を図ろうとした可能性があると見られています。

別の報道では、「家庭内のトラブルがあり一緒に死のうと思った」という趣旨の供述をしているようです。

殺人罪の量刑は?

殺人罪の量刑は、死刑または無期もしくは5年以上の懲役となっています。

菱沼容疑者の場合はどうなるのでしょうか。

事件現場は?

出典;JNN

菱沼容疑者の自宅マンション仙台市青葉区上杉1丁目のマンションとの事です。

報道映像より、Googleマップストリートビューで事件現場が特定できました。

ネットの反応は

・聞くところでは割腹自殺は介錯人がいないとのたうち回るほど苦しいようだから、父親はこれをする気はなく、どこか情状酌量を求めての自傷行為なのでしょう。

何か悩みがあったんだろう
それはそれで辛い。
虐待ではないだろう

でももちろん殺してはいけない

他の家族もかわいそうだな。

・そういう覚悟を持って子供を育ててますが、お父さんが死にきれなかったたということは、迷いがあったんじゃないでしょうか。こうなるまでにはどんなことがあったんだろう・・・

・「犯人が凶器を持ったまま逃走」というような事件ならどんな些細な情報でも速やかに報じて欲しいですが、
今回のように家庭内で起きた事件で犯人も逮捕されているような場合には、残された家族に対して妙な憶測が飛び交わないよう事件の背景がはっきりしてから報道してもよいのでは……

どんな理由があっても子供を殺すのって間違ってますよね。

子供には知ったこっちゃない事だし
コレからの未来を 無理矢理奪われるのって ホントにあんまりだと思う
しかも実の親に。

無理心中だったとしても殺したのには変わりない。

重罪にするべきだと思います。

引用;JNN

菱沼容疑者に対しては厳しい意見も多く見られますね。

スポンサーリンク

まとめ

いかなる理由が有ったにしても、自分の子供を殺していい理由にはならないはずです。

子供は所有物ではありません。その子にも人生があって、いくらおとなしい性格でも、小学1年生なら友達もいたでしょう。

どんなに後悔しても死んだ人は甦りません。

亡くなった菱沼慶士くんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする