田口裕太容疑者の犯行動機に批判殺到!顔画像・SNSは?

体調を崩した女性を介抱していた女子高生が、突然凶器で殴られ、人の多い駅前で流血の惨状になるというショッキングなニュースが報じられました。

いったいどんな理由でそんな事態になったのでしょうか?

まずは報道内容を見ていきましょう。

スポンサーリンク

11日夜、栃木県の宇都宮駅前で、女子高校生を警棒で殴りケガをさせたとして、24歳の男が現行犯逮捕された。

警察によると、現行犯逮捕された自称・会社員の田口裕太容疑者は、11日午後7時頃、

宇都宮駅前のバスロータリーで、持っていた特殊警棒で女子高校生を殴り、ケガをさせた疑いが持たれている。

女子高校生は額を数センチ切ったが、命に別条はないという。

田口容疑者と女子高校生は直前までバスに乗っていて、バスの車内で気分が悪くなった別の女子生徒が吐いたものが田口容疑者の服にかかったという。

田口容疑者は、この生徒を介抱していた女子高校生にバスを降りた後に襲いかかったということで、調べに対し「優しく介抱していたことが頭にきて殴った」と容疑を認めているという。

出典;NNN

時刻は午後7時ごろ、まだ人通りも多い駅前のバスロータリー付近での流血の惨劇が起こってしまったんですね。

何の罪もないどころか、気分の悪くなった人を介抱している人に対しての暴挙!

とても信じられません!

田口裕太容疑者の顔画像は?

現在の所、田口容疑者の顔画像は公開されておりません。

新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

田口裕太容疑者のプロフィール

名前田口 裕太(たぐち ゆうた)
年齢24歳
住所宇都宮市
職業自称会社員
逮捕容疑傷害の容疑
凶器特殊警棒

田口容疑者はまだ24歳と若いですね。

普段から特殊警棒を持ち歩いていたのでしょうか。

それだけでも危険な人物だと思わざるを得ないです。

田口裕太容疑者のfacebook・twitterの調査

facebookのアカウント調査を行いましたが、同姓同名が数人検出されましたが、情報が乏しく、本人特定には至りませんでした。

facebookの検索結果が気になる方はこちら

twitterのアカウント調査も行いましたが、こちらも同姓同名が数人検出されましたが。情報が乏しく、本人特定には至りませんでした。

twitterの検索結果が気になる方はこちら

田口裕太容疑者の犯行動機は?

バスの車内で気分が悪くなった別の女子生徒が吐いたものが田口容疑者の服にかかって、

その介抱をしていた女子高生に対し、

「優しく介抱していたことが頭にきて殴った」と供述しているようです。

百歩譲っても、嘔吐した女子高生に腹を立てるなら…ですが、何故に優しく介抱している方に怒りが向いたのか?

その辺りに世間の批判が向けられていますね。

スポンサーリンク

ネットの反応は

・自分にかかった汚物を先に拭き取ってもらいたかったのか?この甘ちゃんは

最低人間現れる

この精神構造は一般社会で生活してはダメな人間ですね。

・わざと嘔吐したわけではないし具合の悪い人を介抱したくて一緒にバスを降りてまでした女子高生になんてことをするのか

・女性の額を割るということは、傷の大きさでは測れない非道な行為だ

しかもなんの落ち度もない人に八つ当たりするとは許せない

頭いかれてる

吐瀉物がかかって立腹は百歩譲ってわからなくもないが、

介抱している女子高生を殴るなんて。

しかもなんで特殊警棒なんか持ってる?

ただ単に誰でもいいから殴りたかっただけじゃないの?そこも調べてほしい。

あきらかに護身用の使い方じゃないから。

この女子高生の心も体も、早く癒えてほしい。

人として、尊い事をしただけなのにこんな目にあって、

犯人と同じ大人として、謝りたいわ。

・被害者の優しさに対して真性の基地の外の男ですね。

初犯だからとか反省してるからとかの理由で減刑せずに、厳罰を与えて欲しいです。

頭を警棒で殴るとか、命に関わる可能性もありますよ。殺人未遂でしょ

引用;FNN

事件現場は

報道に出ていた事件現場映像がこちら↓

出典;TBS

googleマップのストリートビューで確認できた画像がこちら↓

事件現場の地図はこちら↓

特殊警棒とは

特殊警棒とは、伸縮式の警棒である。材質は金属製が主だが、まれに強化プラスチック製や硬質ゴム製の物も存在する。金属製についても一般的な円棒形状の製品のほか、全体または一部がコイルスプリングで構成されている製品が存在する。

引用;Wikipedia

普通の会社員は、こんな物を持ち歩いたりはしないと思いますが。

こんなのでいきなり頭を殴られたら…、本当に恐ろしいです。

スポンサーリンク

まとめ

「切れやすい若者」などと言う表現ではおさまらない今回の事件です。

15歳の女子高生に、しかも具合の悪くなった人を介抱している心の優しい女の子に、

特殊警棒という武器で、いきなり頭を殴るという、常軌を逸した行動をとった田口容疑者。

見方によれば無差別通り魔にも思えますが、本人の心の内はどう考えているのでしょうか。

心の中に何か無ければ特殊警棒など持ち歩くはずは無いと思うので、歪んだ精神の状態を身近にいる誰かが気づいて話を聞くなどできたら、もしかするとこんな事件は起きなかったのかも知れない…。

勿論厳しく断罪することも必要ですが、二度とこうした事件を起こさせないようにする為に、

冷静に建設的な事をしていかなければ、また次の被害者が出てしまう恐れがあると思います。

こうした事件が無くなる世の中になって欲しいと心から願ってやみません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする