元クボタ副社長の飯塚幸三容疑者の顔画像!池袋の大事故で松永真菜さん・松永莉子ちゃんの顔画像!SNS調査

元クボタ副所長だった87歳の男が、東京・池袋の交差点で31歳の母親と3歳の娘をはねて死亡させる等、他にも多くの犠牲者が出る事故を起こした。

事故当時現場は騒然となり、ぶつけられたごみ収集車は横転し、事故を起こした車両は原型を留めないほど潰れている。

まずは報道内容から見ていきましょう。

スポンサーリンク

報道内容

出典;FNN

 19日昼過ぎ、東京・池袋で乗用車が歩行者などをはね、ごみ収集車と衝突した事故で、死亡した2人の身元が判明した。

現場近くの防犯カメラの映像では、横断歩道に向かって猛スピードで走る乗用車が。その数秒後には道ばたに人が倒れる様子が映っている。

警視庁などによると19日午後0時半ご

ろ、豊島区東池袋で乗用車が歩行者などをはね、ごみ収集車と衝突する事故があった。

この事故で女性と娘の2人が死亡したが、警視庁は、亡くなったのは松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)と確認されたと発表した。

乗用車を運転していたのは87歳の男性で、警視庁は男性が赤信号を無視した可能性があるとみて、事故の原因を調べている。

出典;NNN

 東京・池袋で19日昼、87歳の男性が運転する車に通行人が次々とはねられ、31歳の母親と3歳の娘が死亡した。

運転していた飯塚幸三さんは周囲に運転をやめる意思を示したことがあったという。

飯塚さんと同じマンションの住人男性は今年、飯塚さんが駐車場にうまく車を止められず、前後に何度も動かす様子を見たという。

「奥さんが外に出て『もっとハンドル切って』などとやっていた」。男性は「事故を心配していた。ショックです」。

飯塚さんは1年ほど前、男性に「運転をやめる」と話していたといい、最近は足を悪くし、杖を使って外出していたという。

関係者によると、飯塚さんは旧通産省の元工業技術院長で、農機大手クボタの副社長も務めていた。

引用;朝日新聞社

本当にひどい。突然普段の日常を奪われた人たちの悲しみは計り知れません。

飯塚幸三氏の顔画像!

出典;twitter

何だか凄い人のようですね。どの報道にも容疑者とは書いてありません。

それどころか「さん」付けで書かれています。

スポンサーリンク

飯塚幸三氏のプロフィール

名前飯塚 幸三(いいづか こうぞう)
年齢87歳
住所
職業無職
過去の経歴元クボタ副社長、旧通産省の元工業技術院長等

報道によると、「アクセルが戻らなかった」という内容の供述も出ているようです。

また逮捕されたという内容は出ていないようです。普通なら過失運転致死傷の現行犯逮捕になりそうなものですが。

過失運転致死傷の量刑は?

過失運転致死傷の罰則は、7年以下の懲役・禁固又は100万円以下の罰金刑となっています。

飯塚幸三氏の場合はどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

飯塚幸三氏のfacebook・twitterは?

facebookのアカウントを検索したところ、「飯塚幸三」では検出されませんでした。

facebookの検索結果が気になる方はこちら

twitterのアカウントを検索したところ、「飯塚幸三」では検出されませんでした。

twitterの検索結果が気になる方はこちら

松永真菜さん、松永莉子ちゃんのSNSは?

facebookのアカウントを検索したところ、「松永真菜」では検出されませんでした。

facebookの検索結果が気になる方はこちら

twitterのアカウントを検索したところ、同姓同名が1人検出されましたが、住所等の情報から別人の様でした。

twitterの検索結果が気になる方はこちら

追記:松永真菜さん、梨子ちゃんの顔画像!

 東京・池袋で暴走した乗用車にはねられて自転車の松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3)が死亡するなどした事故で、警視庁は22日、現場の実況見分をした。

真菜さんの夫は同日、代理人弁護士を通じて「いまだ妻と娘の死と向き合うことができません」などとする談話を公表。

「出したくない気持ちと、今後の事故防止のためになるならという葛藤に苦しんだ」うえで、2人の写真も報道機関に提供した。

【写真】亡くなった松永真菜さんと莉子ちゃん。今月4日に花見に行った際に撮影されたという(遺族提供)

 交通捜査課の捜査員ら約20人が午前9時半ごろから約1時間、豊島区東池袋4丁目の都道で、片側2車線のうち車が暴走した歩道側車線を通行止めにして実況見分した。複数の場所に目印を置いて写真撮影し、距離の計測なども行った。

 同課は、旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(87)の車が、ハンドル操作されずに直進し、赤信号の交差点に進入して通行人を次々はねたとみている。

飯塚元院長は入院中で、同課は任意捜査を続けるが、今後本人も現場に立ち会わせて詳しく調べる方針だ。

 真菜さんの夫は談話で「最愛の妻と娘を同時に失ってから今日まで、なぜこのようなことになってしまったのか訳が分からず、いまだ妻と娘の死と向き合うことができません」とし、「当たり前のように一緒に生きていけると思っていた大切な2人を失い、失意の底にいます」と心境を明かしている。

出典;朝日新聞社

本当に憤りを感じずにはいられません。残されたご家族の心の痛みは計り知れないです。

事件現場の特定!

出典;FNN

 

 

ネットの反応は

・高齢者の免許返納が難しいのであれば 自動ブレーキシステムの義務化にすれば良い。 そうすれば、お金が無ければ自動ブレーキが つけられない。

つけられないから、返納をする。 そうゆう流れになれば良い時代になるのでは? 今回の事故も自動ブレーキがついてれば 防げた事故だったかも、しれない

・高齢者は、半年か1年ごとの更新で、 加えて厳しい審査を頼む。

高齢者の事故で若者が何人亡くなったか なぜ高齢者の為に若者が死ななければならないのか、 お上よ、よく考えて欲しい。

・将来が楽しみな女の子、そしてお母さん 大事な命が2名も失われた。

大変言いにくいけど言います 87歳の方が残り…この方のせいで… 高齢者のドライバーの事故はいつも、幼い子や、若い方の命が奪われ、起こした高齢者の方が生き残る。

いい加減に、もう運転自らやめてください 法で80過ぎの運転は罰則にしてほしい お願いします 事故を起こした87歳が生き残り若い二人が亡くなり、こんなこともうやめてもらいたい

言いにくいけど、こんな87歳が生き残り…悔しいです 本心です!!!

引用;FNN

書き込みの内容は、概ね同じような内容と言ってもいいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

出典;毎日新聞

ここまで大きな事故が起きると高齢者の免許制度見直しを検討せざるを得なくなるのではないでしょうか。

どんな功績を残した人だとしても、将来ある人の命を奪う事が許されるはず有りませんよね。

一瞬で、痛みも何も感じる事は無かったのかも知れませんが、まだまだやりたい事や見たいもの、楽しい事、沢山あるのだと思います。

全て一人の自己中心的な考えの行動によって奪われてしまったのは事実です。

この事件が世間に与えたインパクトは大変大きいと思いますよ。

この事故をきっかけに変わっていくと思います。ぜひ変わって欲しいと思います。

そうでないと被害に遭った母と小さい女の子の犠牲は意味がなくなってしまう。

平成がもうすぐ終わろうとするこのタイミングで悲しい事故の歴史に終止符を打ち、令和にはこんな痛ましい事故が1件たりとも起きて欲しくありません。

お亡くなりになった松永真菜さん、松永莉子ちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする