90歳祖母を殺害か?八幡和貴容疑者の顔画像、動機は?

同じ家に住む孫に殺されてたのか?非常に痛ましい事件が報道されました。

現時点では容疑者として逮捕されている八幡和貴(32)は無職。

いったいこの家族に何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

報道内容

11日午前、茨城県古河市の民家で、90歳の女性が刺されて死亡しているのが見つかり、警察は、同居していた32歳の孫を殺人の疑いで逮捕した。

逮捕されたのは、古河市に住む無職・八幡和貴容疑者。警察によると八幡容疑者は、古河市の自宅で、同居する祖母のソトイさんの両手首などを包丁のようなもので切りつけ、殺害した疑いが持たれている。

11日午前、仕事から帰宅した八幡容疑者の母親が、ベッドの上で倒れているソトイさんを見つけ110番通報したという。

警察官が駆けつけると、八幡容疑者が、2階の廊下に両手に血がついた状態で立っていたという。

調べに対し八幡容疑者は容疑を認めているということで、警察は詳しい動機を調べている。
報道内容からも、殺害現場となった自宅での凄惨な様子が想像できます。
では八幡容疑者とはどんな人物なのか?

八幡和貴容疑者プロフィール

名前八幡和貴
年齢32歳
職業無職
住所茨城県古河市尾崎
同居者八幡ソトイ(祖母90歳)、母(64歳)
 
 
スポンサーリンク

事件現場

現場の特定はできませんでした。

殺害の動機は?

現時点では八幡容疑者が殺害を認めているとだけ報じられており、動機などは発表されていません。

八幡容疑者は無職であったと報じられてもいるので、おそらく殺害された祖母のソトイさんとは、家の中で接する事が多かったのではないかと推測されます。

二人の間で何らかのトラブルがあり衝動的に犯行に及んだのではないでしょうか。

被害にあったソトイさんは90歳の高齢だったこともあり、介護が必要だった可能性も考えられますし、八幡容疑者自身が介護にあたっていた可能性もあります。

新しい情報が入り次第更新していきたいと思います。

ネットの反応は

・事件の理由はまだ、わからないが。介護を孫がしているケースも増えている。

親の介護が必要になり、子供世代より孫が収入が少ないので当面は、、と孫が介護を任される…だから、孫が祖父母をの事件も多くなったか?

目の前の介護を当面の間と思って、、はいけない。10年、20年、それ以上…。

テレビで、高校生の時から祖母の介護を任されて数年…部活も就職もせず…介護一筋の女性がでていた。

ヤングケアラーと、新しい呼び名ができている…

国は、家族に囲まれて、、と在宅方針をかかげている

病院は、整形3カ月 脳外六カ月など、退院期限を過ぎたら1床の料金が下がる。期限延期を頼んでもムリ。

老健は、基本単価が下げられ、在宅復帰率により加算が支給される…。いつの間にかいろいろな方面から、在宅介護するしかない方向に。

国は、家族に囲まれて…と在宅方針。介護離職、ヤングケアラー、益々増えそう…

・なんか身近なお年寄りには、長生きであればあるほど、これから先の楽しいことをできる限り経験してもらいたいと感じないのかなぁ、、、ただでさえ90歳といえばご苦労を経験した世代。ただただ悲しいなぁ、、、

・ここまでに至った事情は分からないけど、孫が産まれた時はおばあちゃん泣いて喜んだだろうに。

まさかその孫に殺されるなんて思いもしなかっただろうな。

自分を切りつける孫を見て、何を思いながら息絶えたんだろう

引用;yahoo!ニュース

スポンサーリンク

まとめ

各家庭には外から見えない事情があるのかもしれないですが、どんな理由があったとしても、殺人事件にまでならない様な選択肢は無かったのか、周りに相談できる人はいなかったのでしょうか。

被害者だけでなく加害者自身もご家族も不幸になってしまった事件、

このような事件が無くなるような社会になってほしいと思います。

亡くなられた被害者のご冥福をお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする