初めての釣り!何から始めるの?

初めて釣りをしたいけど、何をどうすればいいのやら全く分からない!

色々な釣りがあるみたいだし、雑誌も種類が多すぎて何が何だか…。

そんなあなたに、どんな釣りが自分に合っているのか、大きく「釣り」全体をとらえつつ詳しく解説していきましょう!

スポンサーリンク

分類

釣りには色々種類があり、何が自分に合っているのかはある程度絞っていった方が考えやすいです。そこで大きく分けてみます。

【何で釣る】

1.餌を付けて釣る。

2.疑似餌(ルアー)で釣る。

【どこで釣る】

1.海(海水)で釣る。

2.川や湖(淡水)で釣る。

【食べるかどうか】

1.釣った魚は調理して食べてたい。

2.釣る事が目的で釣った魚は逃がす。

といった分け方が一般的なようです。他にも色々な分け方ができますが、初めて釣りをする場合はそれ以上細かく分けて考えなくてもいいと思いますので、上記の3つの分類を詳しく解説していきますので、自分に合った釣りを絞っていきましょう。

何で釣る

餌を付けて釣る

餌を付けて釣る方法は比較的簡単に魚を釣る事ができます。それは餌自体が勝手に魚を誘ってくれる為です。

餌にも色々ありますが、生きた餌とそうでない餌があり、生きている方がより誘いの効果が高くてよく釣れる餌です

生きている方がよく釣れるのですが、モノにもよりますが少し気持ちが悪い餌もあるので、ミミズ等が苦手な方は触るだけではなく針に刺したりしなければいけないので考えた方がいいかも知れませんね。

それに餌自体にニオイがあるものが多く、あと片付けの際に臭う事もあるので、その辺も含めて考えてみて下さい。

疑似餌(ルアー)で釣る

餌で釣るのと比較すると魚を釣るのが難しいものが多いと思います。疑似餌自体は魚に対して基本何もしてくれないからです。

しかし気持ちの悪い事はほとんど無いのとニオイもほとんど無いですからその点はいいと思います。

また疑似餌自体が沢山種類があって、好きな人は見ているだけで楽しい人もいるようで、何か不思議な魅力があるようです。

さらに疑似餌を自分で作る人も多いので、その人達が口を揃えて言われるのは「自分が作った疑似餌で釣れた時の喜びは格別!」なのだとか。

もう釣りだけを楽しむ域を越えてしまっているような気もしますね。

スポンサーリンク

どこで釣る

海(海水)で釣る

海には豊富な種類の魚たちがいます。なので一つの釣り方で数種類釣れる事も珍しくありません。一度の釣りで何種類もかかるなんて事もあるのが海の醍醐味ですね。

また沿岸部と沖合の方でも全く違う魚が釣れます。種類にもよりますが、一般的には沿岸部は小さい魚、沖合では大きい魚が釣れると言われています。

沿岸部の釣りは身近なものが多くて簡単に釣れる魚たちが多くいます。それに対して沖合の方で釣る場合は船に乗る必要があるので、その費用や船酔いも注意がいります。しかし沿岸部にはなかなかいないような大物が釣れるチャンスは増大します

川や湖(淡水)で釣る

海に比べると釣れる魚の種類は少ないです。ただほとんどの淡水の釣りは対象の魚を意識して釣るものが多い、つまり狙って釣る形です。何だか通な雰囲気がしますね。

近所の川や池でも簡単に釣れる魚がいますので、海が近くにない人はお手軽な釣りと言えます。ただし釣りが禁止になっている場所も多く、事前に確認が必要です

食べるかどうか

釣った魚は調理して食べたい

やはりせっかく釣ったのですからイタズラに命をもて遊ぶのではなく大切に頂く。大切なことではないでしょうか。それに釣った魚の方が美味しいという意見が多いですし、美味しい魚を適量でしたら家族に大変喜ばれます。

しかし注意が必要なのは大漁だったら食べきれないこともあります。また食べれるけど調理が大変な魚だったり、魚が大き過ぎて家庭ではさばけないといった嬉しい反面困った事態も起こります。

また魚を持ち帰る為にはクーラーボックスが必要です。当然釣り道具もあるのでそれだけ荷物が多くなります。

家族に調理を任せると面倒くさがられたりしても気持ち良くありませんので、調理は自分でする方が問題が起こらないでいいかと思います

釣る事が目的で釣った魚は逃がす

キャッチ&リリースと言う釣り方です。あくまで釣り上げるまでの過程を楽しむ釣りです。

食べる派の人からすればもったいないと言われてしまいそうですが、キャッチ&リリース派からすると魚を持って帰ってからが大変だし、そもそも狙っている魚が食べれない魚だったりします。

スポンサーリンク

まとめ

前述の、餌か疑似餌か、海水か淡水か、食べるか食べないか、の中で自分に合った釣りを絞っていくといいかも知れません。

例えば、餌で釣る+海水+食べる、という感じです。

他にも、疑似餌で釣る+淡水+食べない、というパターンもあるでしょう。

大体何の釣りをするか決まったら、その釣りに合った道具を準備しましょう。

竿、リール、仕掛け、釣り針、重り、ウキ、ルアー、フライ等々、釣り道具には何か絞らないと紹介しきれないほど沢山ありのです。

一番手っ取り早いのは、釣具屋さんの店員に何を釣りたいとかどんな釣りをしたいとかの予算も含めて相談をしてみる事です。最適な釣り道具をチョイスしてもらえると思います。

また店員さんにもよりますが、意外に相談していくと最初にしようと思っていた釣りとは違う釣りをする事になったりします。それは決して騙されているのではなく、魚にはシーズンがあるので、その時期で一番釣れる魚だったり、いい釣り方を教えてもらえたりします

いかがですか?、中国の古いことわざにも「永遠に幸せになりたければ釣りを覚えなさい」というのがあるので、古くから釣りは楽しまれて幸せにもしてくれるものなのです。

今のやってみようの気持ちを持って釣りに行ってみましょう!きっと幸せになれると思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする