小林啓人の顔画像・facebookは?小学校教諭が女子高生に3万円でみだらな行為!岡山・笠岡市

 今年8月、女子高校生に現金を払う約束をしてみだらな行為をしたとして、岡山県笠岡市の小学校教諭が逮捕されました。

いったいどんな男なのか、顔画像は?勤務先は?SNSを容疑者名で調査!

まずは報道内容から見ていきましょう。

スポンサーリンク

報道内容

 今年8月、女子高校生に現金を払う約束をしてみだらな行為をしたとして、岡山県笠岡市の小学校教諭が逮捕されました。

 児童買春、児童ポルノ法違反の疑いで逮捕されたのは、笠岡市の小学校教諭、小林啓人容疑者(32)です。

 警察によりますと、小林容疑者は今年8月28日、SNSで知り合った当時16歳の女子高校生に現金3万円を払うと約束し、広島県尾道市のホテルでみだらな行為をした疑いです。

 警察の調べに対して小林容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めています。

 笠岡市教育委員会によりますと小林容疑者は小学5年生の担任で、勤務態度は真面目だったということです。

市教委では「事実関係を確認して厳正に対処したい」とコメントしています。

出典;KSB瀬戸内海放送

小学校の教諭が、犯罪であると分かっていながらの行為、絶対許されないですよね。

小林啓人容疑者の顔画像は?

現時点では小林容疑者の顔画像はメディアで公表されていないようです。

今後新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

小林啓人容疑者の勤務先の特定!

出典;笠岡市立吉田小学校

小林容疑者の勤務先はどこなのでしょうか?

報道によると、岡山県笠岡市立吉田小学校教諭となっています。

勤務先の吉田小学校では今回の報道にかなり驚いているのではないでしょうかね。

小林啓人容疑者のプロフィール

名前小林 啓人
年齢32歳
住所
職業笠岡市立吉田小学校教諭
逮捕容疑児童買春、児童ポルノ法違反の疑い

児童買春、児童ポルノ法違反となるとどのような刑罰になるのでしょうか。

スポンサーリンク

児童買春、児童ポルノ法違反の量刑は?

児童買春の刑罰は、5年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金またその併科です。

児童ポルノ法違反は、1年以下の懲役または100万円以下の罰金です。

両方の容疑がある小林容疑者の場合はどうなるのでしょうかね。

スポンサーリンク

小林啓人容疑者のfacebook・twitterは?

facebookのアカウントを検索したところ、同姓同名が複数検出された中で、岡山県笠岡市在住で小学校勤務という可能性が高い人がいましたが、決定的な情報が乏しく、今回は本人特定には至りませんでしたので、写真等の掲載はひかえさせていただきたいと思います。

facebookの検索結果が気になる方はこちら

twitterのアカウントを検索したところ、同姓同名が複数検出されましたが、いずれも情報が乏しく、本人特定には至りませんでした。

twitterの検索結果が気になる方はこちら

スポンサーリンク

犯行動機は?

報道によると、警察の調べに対して小林容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めていますとなっておりますが、現時点では明確な犯行動機といえる事は分かっていないようです。

学校での勤務態度は真面目だったとの事ですが、今後新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

事件現場は?

報道によると、広島県尾道市のホテルとなっていますが、情報が乏しく、現場の特定には至りませんでした。

 

スポンサーリンク

ネットの反応は

・払わなかったから、訴えられたんでしょ? 女子高生も逮捕するべき。

18才未満を買春したら捕まる 早く覚えてほしい

・女子高生はアホだから、騙しやすい。 それをいいことに、小遣いで淫行。 しかしね、同時にアホだから足も付きやすいし、白状もすぐしちゃうんですよ。 発覚しないと高を括ってる学校の先生達よ。 警察の手はすぐそこまで及んでるよ。 覚悟して待っとけよ。 自首するなら今のうちだぞ。

・はい、また安定のバカ教論。 はい、次は何処のバカ教論かな?

出典;KSB瀬戸内海放送

小林容疑者もそうですが、被害者の女子高生にも厳しい意見が見られますね。

当サイトでも話題の児童買春関連の事件を取り上げています!

話題の児童買春関連の事件!

清水光樹容疑者(医師)、児童買春容疑で逮捕!顔画像・SNS・勤務先・犯行動機調査!

長尾里佳の現在は?かわいい顔画像!インスタ・ツイッターは?有罪判決!香川・高松市

12歳の男子にみだらな行為!長尾里佳容疑者の顔画像にネット反応は「可愛すぎるっ!」

スポンサーリンク

まとめ

今回の小林容疑者の事件はSNSがきっかけになっているようです。

最近の児童買春や児童ポルノ禁止法違反等の事件には、必ず何らかのSNSやオンラインゲーム等が関係するものがい多い気がします。

またその反面、サイバーパトロール等の警察側もネットを駆使して検挙している事もあります。 近年犯罪がどんどん進化しているところに、子供たちをどう守っていくか、 学校・家庭内の教育において、重要且つ急務な課題だと思いますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする