柳田勝弘容疑者の飲酒運転タクシードライバー、ひき逃げ逮捕!顔画像は?SNSは?

タクシーの運転手が飲酒運転の状態で男性をひき逃げし、被害者男性の妻が後を追いかけて逮捕されました。

プロのドライバーにあるまじき行為ですよね。そして被害者の妻の「執念」とも思える追跡がすごい!

どんな事件なのか、まずは報道内容から見ていきましょう。

スポンサーリンク

報道内容

飲酒運転のタクシーが男性をはね、現場から走り去ったが、妻が追いかけ、運転手の男は酒気帯び運転の現行犯で逮捕された。

警察によると、2月28日午後5時ごろ、福岡・北九州市八幡西区陣山で、道路をバックしていたタクシーが68歳の男性をはねた。

男性は転倒し、腰などに軽いけがをした。

タクシーはそのまま現場から走り去ったが、男性の妻が追いかけ、およそ200メートル先のタクシーの事業所の近くで、停車している車を発見した。

被害に遭った男性は「ぼくはもう倒れていたし、わかんなかったんですね。そしたら、かみさんたちが『逃げた!』って言うから。許せないですよね、プロですからね」と話した。

駆けつけた警察がタクシー運転手の呼気を調べたところ、基準値の2倍のアルコールが検出されたため、酒気帯び運転の現行犯で逮捕した。

逮捕されたのは、北九州市八幡西区陣山のタクシー運転手・柳田勝弘容疑者(50)で、調べに対し、容疑を認めているという。

出典;FNN

タクシーの運転手が飲酒運転なんて本当にウソみたいな話ですね。ただ、笑い事では済まされませんよ。

タクシーは人の命を預かっていると言ってもいい仕事ですから、柳田容疑者のタクシーには絶対乗りたくないですよね。

柳田勝弘容疑者の顔画像は?

現時点で柳田容疑者の顔画像はメディアで公表されていないようです。

新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

柳田勝弘容疑者のプロフィール

名前柳田 勝弘(やなぎだ かつひろ)
年齢50歳
住所北九州市八幡西区陣山
職業タクシー運転手
逮捕理由酒気帯び運転の現行犯

50歳のタクシー運転手と言えばベテランの域ですよね。

ベテランゆえに油断が生じたのか。逮捕は酒気帯び運転ですが、それ以上にひき逃げ行為が重い罪ですから、2重に罪は重いですよね。

柳田勝弘容疑者のfacebook・twitterは?

facebookのアカウントを検索したところ、柳田勝弘では検出されませんでした。

facebookの検索結果が気になる方はこちら

twitterのアカウントを検索したところ、柳田勝弘では検出されませんでした。

twitterの検索結果が気になる方はこちら

スポンサーリンク

柳田容疑者の犯行動機は?

報道によると、容疑は認めているとの事ですが、動機などについての詳しい情報はありませんでした。

事件について、新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

事件現場は?

出典;FNN

報道によると、北九州市八幡西区陣山となっています。

ネットの反応は?

奥さんスゴい。良く捕まえたと思う。

・よく逃げる気になったな
良心的にもそうだが、まず営業所が近すぎる

・お客様を相手にするタクシー運転手が飲酒運転、ひき逃げって最悪
ホント、タクシーのマナーはひどい。信号のど真ん中で急に止まったり、あり得ないところで止まったり。
奥さん捕まえてくれて良かったー!!

・飲酒運転ほんとになくならないね。
ましてやタクシー運転手が飲酒運転とは
車の運転が仕事なのに情けない
腹が立つ(怒り)

ばれなければ飲んで運転していいとは飲酒運転減らないね。

車の改善してもらいたい。
運転席が酒臭さがあった場合はエンジンがかからない仕組みにしてもらいたい

情けないはなしですが
そうでもしないと飲酒運転は減らないと思う。

引用;FNN

かなり厳しい意見が多いですが、今回のひき逃げされた男性が軽傷で済んだのは不幸中の幸いで、死亡事故になっていたかも知れないですよね。

柳田容疑者には厳しく罰せられるべきだと思います。

酒気帯び運転・ひき逃げはどんな罰になる?

酒気帯び運転は、3年以下の懲役又は、50万円以下の罰金が科せられます。

ひき逃げは、

・負傷者の救護と危険防止の措置違反、10年以下の懲役又は100万円以下の罰金

・事故報告義務等違反、3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金

・現場にとどまる義務違反、5万円以下の罰金。

・過失運転致死傷罪、7年以下の懲役又は100万円以下の罰金。

・危険運転致傷罪、15年以下の懲役

引用;はじめて自動車保険

柳田容疑者は、かなり重い罪になるのではないでしょうかね。

スポンサーリンク

まとめ

本当に耳を疑うような事件でしたね。でも被害者の奥様のおかげで早期解決ができましたので、表彰でも差し上げたい気持ちです。

ネットの反応でもありましたが、自動車メーカーも飲酒運転ができない装置などを開発されないのかなと思いました。

あらためて道路は危険に満ちているのだなと、タクシーだから変な運転はしないだろうとか、そんな油断はしてはいけないと思い知らされました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする