車の盗難に注意!あなたの車、大丈夫?

欲しかった車をやっと購入したと思ったら盗難にあってしまった…なんて話をいまだに耳にしますよね。

車を取られた時のショックは本当にツライものです。そうならない為にも知っておくべき情報と対策をまとめてみました!

詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

車両盗難件数

セキュリティの向上や防犯カメラの設置等で一時に比べれば減少はしていますが、それでも安心できる状態とは言えないです。

引用:https://getnavi.jp

盗難が多い地域

車両盗難はかなり地域性がある犯罪といってもいいほど地域によって件数に偏りがあります。

人口が多い地域は必然的に件数も多くなりがちですが、それ以上に特定の地域に集中して起こっています。

引用:https://getnavi.jp

もし、あなたの住んでいる地域がワースト10に入る地域ならば、特に警戒すべきと言えます。

盗難されやすい車種

さらに、特定の車種が狙われているという結果も無視できないと思います。

引用:https://getnavi.jp

特にランキング1位のプリウスや、2位のランドクルーザー、3位のハイエースは海外でも人気が高いらしく、盗難車両が流通するルートが組織的に出来ているのではないかと言われるほどに安定して上位をキープしていますね。

そしてトヨタ車がその上位のほとんどを占めているのは人気を反映してはいるものの、不名誉でもあるように思えますね。

もしあなたの所有する車がランキングに入っているのであれば、いまの盗難対策が十分なものか、再度確認した方がいいと思います。

スポンサーリンク

盗難の手口と対策

鍵がついたまま

車両盗難の手口は数々あるようですが、その中でも信じられないのが「鍵有り」で盗難される件数が全体の4分の1に上るらしいのです。

それはもう対策というか、いくら犯罪が少ない日本だとはいえ気を緩め過ぎとしか言えませんね。最低でもカギが付いている状態もしくはエンジンのかかった状態で車から離れる事はやめましょう。

ピッキング

ピッキングで盗難されるケースもいまだに有るようですが、対策としては市販のカーセキュリティ装置でかなり抑止できるようです。

また、最近の車両にはもともとイモビライザーが内臓されているものが多いので、ピッキングによる被害は減少しているようです。

イモビカッター

イモビカッターとはイモビライザーでロックされた状態を解除する装置で、普通にネットで購入できるようです。

イモビカッター本来の使い方は修理の際に使用するのですが、残念なことに車両盗難アイテムになってしまっているようです。

車メーカーの方もイモビカッターの登場を受け、盗難対策としてイモビライザーを進化させているので、初期のイモビカッターでは最新車種の解除はできないようですが、同様にイモビカッターも進化しているので、イタチごっこの様相が展開されているみたいですね。

対策は、「イモビライザーに頼らない」です。カーセキュリティー装置を追加したり、物理的な盗難防止策を講じるとか、駐車場所の防犯対策を講じる等、それなりに費用がかかります。

リレーアタック

リレーアタックとは、比較的新しい車両盗難の方法で、スマートキーの微弱な電波をキャッチして増幅させ、ドアノブにタッチしてドアを開け、そのままエンジンもかけて盗難する方法です。

リレーアタックの厄介な点は、セキュリティー装置さえも無効にしてしまうところです。ほとんどのセキュリティ装置はキー開錠と同時にセキュリティー解除になってしまうので、同時に開けられてしまうのです。

リレーアタック用の装置もネットで簡単に買えてしまうらしいので、今後被害が増加しそうな気配があります。

被害にあうケースとして、自宅の駐車場外出先等、今までの車両盗難方法よりも広範囲になっているので、いつどこで被害にあうか分かりません。

例えば、ショッピングセンターに買い物に行った駐車場でリレーアタックの被害にあう事も十分考えられるのです。

対策としては、リレーアタック対策のスマートキー用ケースで電波を遮断する、リレーアタック対策付きのカーセキュリティー装置の追加、物理的な盗難防止策を講じるとか、駐車場所の防犯対策を講じる等、それなりに費用がかかります。

スポンサーリンク

まとめ

盗る方も守る方もまさにイタチごっこになっている車両盗難事情で、現実に盗難件数が高い地区、さらに盗難件数が高い車種に乗る人は、出来る限りの対策を講じることをお勧めします。また車両保険にも入っておくことも重ねてお勧めします。

特に物理的な盗難対策のハンドルロックやタイヤロックは高い効果があると言われています。費用は数千円~はかかるのですが、盗られてからでは後悔先に立たず、明日は我が身かもしれませんよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする