今西貴大容疑者の妻が美人!顔画像・facebookも特定!

2歳4か月の女児が、虐待・性的暴行?の末、その短い生涯は悲しい最期となってしまうという痛ましい事件が起こってしまいました。

現時点で、暴行の容疑で再逮捕されている今西貴大容疑者は、容疑を完全否認しています。

この痛ましい事件内容の脇で少し話題になっているのが、今西貴大容疑者の妻が美人だと言われています!

まず、事件の内容から見ていきましょう。

スポンサーリンク

報道内容

大阪市東淀川区で、当時2歳の長女に性的暴行などを加えたとして、父親が6日に再逮捕された事件で、長女の左頬などにアザがあったことがわかり、警察は日常的な虐待があったとみています。

 おととし、大阪市東淀川区で当時2歳の長女に暴行を加え、急性硬膜下血腫などで死亡させたとして起訴された今西貴大容疑者(30)は、長女の脚を骨折させ、性的暴行も加えた疑いで6日、再逮捕されました。

Q.殴ったりしてないですか?
 「してない」(今西貴大容疑者〔去年1月〕)
Q.蹴ったりもしていない?
 「ないない」(今西貴大容疑者〔去年1月〕)

 JNNの取材に対しても虐待を否定していた今西容疑者ですが、警察によりますと、長女の左頬と左の腰あたりに殴られた際にできるようなアザが残っていたということです。

 警察は、今西容疑者が日常的に長女を虐待していた可能性があるとみて調べを進めています。(07日11:32)
 
出典;JNN
今西容疑者は容疑を否認しているので、断定的な表現は出来ませんが、
警察も状況的に今西容疑者以外に虐待を行う事は出来ないと考えて
逮捕に踏み切っているのでしょうね。

今西容疑者の顔画像・プロフィール

出典;JNN

名前今西 貴大(いまにし たかひろ)
年齢30歳
住所大阪市東淀川区(寝屋川市という報道も有る)
職業電気工
逮捕容疑長女の足を骨折させ、性的暴行を加えた疑い

ニュース画像の今西容疑者。2歳の娘を暴行して死亡させた後にこの様な平然とした態度をとれるのなら、人間とは思えないですよね。

今西容疑者は容疑を否認しています。

スポンサーリンク

今西容疑者のfacebookの調査で特定!

facebookで「今西貴大」で検索したところ本人の画像が確認できました。

FNNニュースで出ていた被害にあった希愛さんの画像↓

出典;FNN

そして、今西容疑者のfacebookで確認できた画像は…

今西容疑者の妻が美人!

facebookで投稿されていた仲睦まじい家族写真↓

出典;facebook

確かに!今西容疑者の妻は噂通りの美人でしたね。

ただ、写真の中の今西容疑者の肩につかまる愛らしい希愛さんが、本当に可哀そうです。

また、この事件についてはこんな記事も…

事件発生時もA子さんはパチンコ店にいて、今西容疑者は犯行後、「(希愛ちゃんの)様子がおかしいんや。早く帰ってきてくれ」とA子さんに電話し、自ら119番通報した。

 急いで帰宅したA子さんはひどく取り乱した様子だったが、今西容疑者は何食わぬ顔をしていたという。

引用;日刊ゲンダイ

今西容疑者の妻は事件当日、娘と今西容疑者を自宅に置いて、パチンコ店に行っていたようです。

本当に悔やんでも悔やみきれない、母親さえいれば希愛さんは被害にあわなかったかも知れませんよね。

ネットの反応は

船戸結愛さん
 栗原心愛さん
 今西希愛さん

愛という字を入れて命名された3人の子どもたち。3人とも育てられ方は正反対で愛情が注がれることはなかった。親になる資格も結婚する資格もないバカ親が多すぎる。虐待死を無くすには児童相談所に変わる新たな組織が必要なのではないか。

・2歳の希愛ちゃんに性的暴行、傷害殺人、実の母親はパチンコ中、なんて可哀想なの・・・

引用;twitter

・もうさぁ、2歳の子に性的虐待って鬼畜の所業だよ。
車の後ろにロープでつないで引きずり回してやりたいわ。
身が削げて裂ける痛みを味わえばよいのに

・2歳の義娘に暴行以外にも性的虐待 ペド

よくできるよな。

それに以前から虐待があったのにもかかわらず

実母は見て見ぬふりをしてたのか。

事件当日も実母は第二子を妊娠中にもかかわらずパチンコで打ってたとか 完全なる育児放棄。

子を持つ自覚がない親に育てられる子がかわいそうすぎる。

実母 義理父は きちんと罪を償っていただきたい。

引用;yahoo!ニュース

本当に考えられないような悲惨な事件だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今西容疑者はまだ容疑を否認しているので決めつけることは出来ませんが、

子を持つ親として、たとえ血はつながっていなくても自分の選んだ人の大切な子供に、

何故そこまでひどい仕打ちが出来るのかが、どう想像しても理解できません。

希愛さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする