堀田修司の顔画像・SNSは?あいちトリエンナーレ2019表現の不自由展にFAX脅迫!

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、元従軍慰安婦を題材とした「平和の少女像」を展示した企画展「表現の不自由展・その後」に脅迫文をFAXで送った男が逮捕された。

いったいどんな男なのか、顔画像は?勤務先は?容疑者名でSNSも調査しました!

まずは報道内容から見ていきましょう。

スポンサーリンク

報道内容

出典;東海テレビ

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、元従軍慰安婦を題材とした「平和の少女像」を展示した企画展「表現の不自由展・その後」に脅迫文が届くなどして中止された事件で、愛知県警は7日、同県稲沢市稲沢町前田、トラック運転手、堀田修司容疑者(59)を威力業務妨害容疑で逮捕した。

「間違いない」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は2日午前6時半ごろ、県内のコンビニエンスストアから、企画展会場の愛知芸術文化センター(名古屋市東区)に、少女像について「要らねえだろ史実でもねえ人形展示。大至急撤去しろや。さもなくばガソリン携行缶持って館へおじゃますんで」などと書いたファクスを送信し、業務を妨害したとしている。

 県警によると、ファクスは手書きで、発信元の番号などは記載されていなかったが、捜査の過程で県内のコンビニが発信元であることを特定。店内の防犯カメラの解析などから堀田容疑者が浮上したという。

 県警は、事件に関わった疑いがあるのは堀田容疑者1人とみており、動機を追及するとともに政治的背景などがあるか調べる。

 少女像の展示を巡っては、これまでに県や市には数千件に上る抗議のメールや電話、ファクスなどが届いているという。中にはこうした脅迫めいた内容も多数あることから、県は県警東署に相談し、6日に被害届を提出していた。

 会場では7日午後にもヘルメットをかぶった男3人が現れ、そのうちの1人が「ガソリンだ」などと言って透明の液体を警察官の足にかけ、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕される騒ぎもあった。

出典;毎日新聞

いろいろ世間を騒がせている「表現の不自由展・その後」でしたが、ガソリンを持ち込んだ男に次いで、今度は脅迫文を送った男が逮捕されましたね。

スポンサーリンク

堀田修司容疑者の顔画像は?

現時点では堀田容疑者の顔画像はメディアで公表されていないようです。

今後新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

堀田修司容疑者の勤務先は?

堀田容疑者の勤務先はどこなのでしょうか?

報道によると、トラック運転手となっていますので、どこかの運送会社か何かでしょうか。

現時点では、堀田容疑者の勤務先の情報はメディアでは出ていないようです。

しかし、堀田容疑者の勤務先では今回の報道にかなり驚いているのではないでしょうかね。

また新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

堀田修司容疑者のプロフィール

名前堀田 修司
年齢59歳
住所愛知県稲沢市稲沢町前田
職業トラック運転手
逮捕容疑威力業務妨害容疑

威力業務妨害となるとどのような刑罰になるのでしょうか。

威力業務妨害の量刑は?

威力業務妨害の刑罰は、3年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

堀田容疑者の場合はどうなるのでしょうかね。

スポンサーリンク

堀田修司容疑者のfacebook・twitterは?

facebookのアカウントを検索したところ、同姓同名が3人検出されましたが、いずれも情報が乏しく、本人特定には至りませんでした。

facebookの検索結果が気になる方はこちら

twitterのアカウントを検索したところ、同姓同名が6人検出されましたが、いずれも情報が乏しく、本人特定には至りませんでした。

twitterの検索結果が気になる方はこちら

犯行動機は?

出典;東海テレビ

報道によると、愛知県警は、事件に関わった疑いがあるのは堀田容疑者1人とみており、動機を追及するとともに政治的背景などがあるか調べるとなっており、現時点では明確な犯行動機といえる事は分かっていないようです。

脅迫内容が「従軍慰安婦の少女像」の撤去を求めるものなので、その展示を快く思わないという理由になると思われますよね。

今後新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

事件現場は?

出典;愛知芸術文化センター

報道によると、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、元従軍慰安婦を題材とした「平和の少女像」を展示した企画展「表現の不自由展・その後」となっています。

場所は愛知芸術文化センターです。

所在地:名古屋市東区東桜一丁目13番2号

 

ネットの反応は

脅迫は駄目ですね。 でも日本人は気配りが出来ると言われていますが 少女像をこの時期に展示しようという主催者には その気配りが欠けていますね。 うがった見方すれば芸術という位置づけではなく 政治的なメッセージをアピールしたいとか 売名目的の炎上商法を狙ったが予想以上の反発で 消し止める自信がなくなった為に中止を申し出た といった感じもしますよね。

脅迫は異常だが、 何故、現在進行系の問題の片側だけを取り上げ、展示する? 偏った意図を感じて当然

・日本では言論の自由は完全に保障されるが、嘘も脅迫も犯罪です。展示物の主張に明らかな嘘があるなら、公的な美術館での展示は不可能なのは当然です。

そもそも政治の道具になるような芸術祭はやらなくていい

彼の表現の仕方なので、主催者も納得しているはず 彼を裁けば全てはでたらめでしょう

再開したらもっと争いが増えそう

引用;時事通信

堀田容疑者の主張に理解を示すようなコメントも有りますね。しかし脅迫は犯罪です。

当サイトでも話題の脅迫関連の事件を取り上げています!

話題の脅迫関連の事件!

門田渉容疑者の爆弾製造マニュアルがヤバい!顔画像・犯行動機は?兵庫・西宮市で爆破予告

堂本一輝容疑者がNGT荻野さんを「殺す」などと脅迫!顔画像・SNS・犯行動機は?

スポンサーリンク

まとめ

今回の事件は表現の自由がどこまで世間が受け入られるのか?というところが分かった気がしますよね。

確かに「従軍慰安婦の少女像」って、人は集まりそうですけど、本当にアートなのでしょうかね?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする