山中隆さんがパトカーから逃走中に対向車に正面衝突し死亡!顔画像・SNS・逃亡の動機は?

 11日夜、茨城県で覆面パトカーに追われていた軽自動車が対向車線の車と衝突し、軽自動車を運転していた男性が死亡しました。

いったい何故事故は起きたのか?パトカーの追跡に問題は無かったのか?

まずは報道内容から見ていきましょう。

スポンサーリンク

報道内容

  11日夜、茨城県で覆面パトカーに追われていた軽自動車が対向車線の車と衝突し、軽自動車を運転していた男性が死亡しました。

 午後9時半ごろ、茨城県八千代町の国道で軽自動車が対向車線にはみ出して乗用車と正面衝突し、運転していた山中隆さん(55)が全身を強く打って死亡しました。

また、乗用車に乗っていた24歳の女性が重傷、2歳の男の子が軽いけがをしました。事故現場は、はみ出し追い越し禁止の道路で、軽自動車は覆面パトカーを対向車線にはみ出して追い越したため停止を求められていましたが、従わずに逃走していました

警察は「追跡方法に問題はなかった」として当時の状況を調べています。

出典;ANN

いったい何故山中さんは逃げていたのか。亡くなられてしまわれたので不明のままなのでしょうかね。

山中隆さんの顔画像は?

出典;ANN

まず山中さんの車は原型を留めていない状態ですね。軽自動車との事ですが、メーカーすら判別が困難です。

そして現時点では山中さんの顔画像はメディアで公表されていないようです。

今後新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

山中隆さんのプロフィール

名前山中 隆(やまなか たかし)
年齢55歳
住所
事故による状態死亡
事故原因パトカーの追跡から逃れる際に対向車と衝突

こういった事故の場合、被害者の損害はどうなるのでしょうかね?

被害者の損害はどうなる?

出典;ANN

報道によると、今回の事故で対向車線にはみだした山中さんの車に正面衝突した24歳の女性は重体となっており、同乗していた2歳の男の子も軽い怪我をしています。

この場合は損害賠償はどうなるのか。

Q:加害者が亡くなった場合でも、損害賠償請求をすることはできるのですか?

1 はじめに 交通事故の被害に遭われたとき、相手方が亡くなっている場合があります。

このような場合、相手方は亡くなっているため、相手方本人に対して、損害賠償請求することはできません。

交通事故被害に遭われた方は、誰に対して損害賠償請求をすればよいのかが問題となります。

2 相手方の相続人 交通事故被害者は、事故の相手方の相続人に対して損害賠償請求をすることができます。

交通事故の相手方の相続人は、原則として相手方の権利義務の一切を相続することになり、交通事故により発生した債務も相続することになるからです。

ただ、相手方の相続人が相続放棄をした場合には、相手方の相続人に損害賠償請求をすることはできません。

3 任意保険会社に対する請求

交通事故の相手方の相続人が相続放棄をした場合、交通事故の被害者は、損害の賠償をうけることは、できないのかが問題とまります。

結論からいいますと、事故の相手方が事故時に任意保険等に加入していた場合には、保険会社から損害の賠償を受けることができます。

事故当時に事故の相手方が加入していた任意保険会社は、保険金の支払義務を負っているからです。

したがって、通常は、事故の相手方が死亡した場合、任意保険会社に対して損害の賠償を求めていけばよいことになります。

引用;交通事故被害相談@名古屋駅

被害者の損害に関しては、山中さんの加入している保険会社に請求するしかないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

山中隆さんのfacebook・twitterは?

facebookのアカウントを検索したところ、同姓同名が複数検出されましたが、いずれも情報が乏しく、本人特定には至りませんでした。

facebookの検索結果が気になる方はこちら

twitterのアカウントを検索したところ、同姓同名が複数検出されましたが、いずれも情報が乏しく、本人特定には至りませんでした。

twitterの検索結果が気になる方はこちら

パトカーの追跡から逃げた理由は?

報道によると、事故現場は、はみ出し追い越し禁止の道路で、軽自動車は覆面パトカーを対向車線にはみ出して追い越したため停止を求められていましたが、従わずに逃走していました

警察は「追跡方法に問題はなかった」として当時の状況を調べていますとの事。

現時点では明確な逃走の理由と言えることは発表されていませんが、報道内容を見る限り今のところ、「はみ出し追い越し禁止の道路で、覆面パトカーをはみ出して追い越した」が理由に当ると思われますよね。

また新しい情報が入り次第、更新していきたいと思います。

事件現場の特定!

出典;FNN

報道によると、茨城県八千代町の国道となっています。

報道内の映像から、Googleマップストリートビューで確認できました!

 

ネットの反応は

・いつも思うことだが、パトカーが追跡したから事故起きたと悪意のある見出しになってますが、逃走せずにそもそも停止すれば良いのでは?警察が職務執行を正当に行っているから治安向上するのでは? 何かあるから停止しないのだから問題なんかない。悪意ある見出しに毎回憤りをかんじます

何かしらやましい事があったから逃げたんだろ。 巻き込まれた乗用車の方が痛ましい。

軽自動車の男は自業自得だか、巻き沿いを食らった乗用車の女性と子供が助かって良かった。 怪我の回復と、これから運転する恐怖心が早くなくなる事を祈ります。

警察は本来の仕事をしているだけ 停止しないドライバーが悪い。 それをマスコミは何故叩く。 大津の時のマスコミもそうだが、 一体何様のつもりなのかと 思うことがある。

・ぶつけられた方が死亡する事が多いけど、今回は、そうならなかったのが不幸中の幸いでした、、。 しかし、こういった事故があると、必ず「追跡に問題はなかった」と警察が発表しますが、違反者や停止命令に従わない車を追跡するのは警察の役目なのでは?? 「必死で逃げたら追跡してこない」なんていう風になったら、酒気帯び運転の様に、事後では分からなくなってしまう違反の場合、みんな逃げる様になりますよ!!

警察の対応は悪くないでしょう。「パトカーに追われた男性。」それだけだと違和感あるので、『停止命令を無視して逃走していた男性。』とするべきでしょう。書き方ひとつで全く伝わり方変わりますよ。もう少し日本語をしっかりと客観的に述べてもらいたい。これで警察も逃走車追うのに、周辺に危険を晒すとの事で、途中断念多くなるな。逃げるなら人混みや大幅な危険運転をする事だ。

引用;ANN

警察の追跡に関してのコメントで、「警察は間違っていない」旨のコメントが多いように思えますね。

確かに違反者を追跡してもらわないと困りますよね。野放しはよくありません。

最近パトカーに追跡後に大事故という話題の事件を当サイトでも取り上げています!

最近話題のパトカー追跡後に大事故になった事件!

川俣勇人自営業者(22)が飲酒運転者で工藤達也さんの軽自動車に正面衝突し死亡させた!顔画像・SNS・犯行動機調査

ゴールデンウィーク中の悲惨な大事故でした!

スポンサーリンク

まとめ

今回は追跡を受けていた男性が亡くなると言う結末でしたね。交通違反があった為に逃げたのだとすると、その代償はあまりのも大きいです。まして自分の命だけでなく他人に大けがを負わせてしまった事も重大ですよね。

運転には最大限の注意をはらいつつ、警察の制止には素直に応じる方が絶対いいと思いますよね。

亡くなられた山内隆さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする